NPOコミュニティ放送全国協議会

2006年1月22日に、東京・東村山市の「多摩レイクサイドFM」の秋津スタジオで設立総会を行い、正式に「NPOコミュニティ放送全国協議会」が発足しました。
また、「NPOコミュニティ放送全国協議会」とJASRACとの著作権使用料の協定が締結されました。
お問い合わせは全国協議会代表世話人まで。


以下、NPOコミュニティ放送全国協議会規約


NPOコミュニティ放送全国協議会規約

第1条(名称および組織)
1 この会は、「NPOコミュニティ放送全国協議会」といい、総務大臣から免許付与されたコミュニティ放送局の運営主体である特定非営利活動法人によって組織する。

第2条(事務所)
1 この会の事務所は、代表世話人(法人)事務所に置く。

第3条(目的)
1 この会は、コミュニティ放送局の運営をおこなう特定非営利活動法人間の交流、情報交換および著作権使用料に関する協定締結等に関して協議し、もって地域文化の振興、コミュニティ醸成等に寄与することを目的とする。

第4条(事業)
1 この会は、前条の目的を達成するため、次の事業をおこなう。
(1) 会員間の交流、情報交換
(2) 著作権関係機関(JASRAC等)との協定締結等

第5条(会員および加入資格)
1 この会の会員は、総務大臣から免許付与されたコミュニティ放送局の運営主体である特定非営利活動法人とする。

2 当該特定非営利活動法人に対する総務大臣による放送局コミュティ放送局の免許付与をもって、入会資格とし、本会の代表世話人に対して入会の申し込みを行い、入会することができる。

第6条(会費)
1 会員(法人)は、附則に定める入会金および年会費を納入しなければならない。

第7条(退会)
1 会員(法人)は、代表世話人に対して退会届を提出し、任意に退会することができる。

第8条(世話人)
1 本会に下記のとおり世話人(法人)を置く。世話人は輪番制とし任期は1年とする。
2 総合通信局ごとに世話人1名を置く。
3 世話人の互選により代表1名および副代表若干名、会計、監事各1名を置く。
4 各世話人の担当は以下の通りとる。
(1) 代表は本会を対外的に代表する。
(2) 副代表は代表を補佐する。
(3) 会計は本会の経理を処理する。
(4) 監事は本会の経理等業務執行を監査する。

第9条(会議)
1 本会の会議は、以下のとおりとする。
(1) 総会
(2) 世話人会

第10条(総会)
1 総会は、以下の事項につき、毎年1回、開催する。ただし世話人会の議または会員法人の5分の1の請求によって臨時に開催することができる。
(1) 規約の変更
(2) 解散
(3) 予算および決算の承認
(4) 入会金および会費の額
(5) 著作権使用料に関する協定締結
(6) 入退会の報告

2 総会または臨時総会は、会員法人の過半の出席(委任状を含む)で成立し、過半の同意により議決する。

第11条(世話人会)
世話人会は、代表世話人の招集により随時開催し、総会または臨時総会の議事の準備等をおこなう。

附 則
1 この規約は、2006年1月22日から施行する。
2 本会の入会金は2000円、年会費は1000円とする。
3 本会の事業年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。
4 設立当初の役員は、以下のとおりとする。

▼代表世話人
特定非営利活動法人多摩レイクサイドFM
▼副代表世話人
特定非営利活動法人京都コミュニティ放送
▼副代表世話人
特定非営利活動法人長崎市民エフエム放送
▼会計
特定非営利活動法人たんなん夢レディオ
▼監事
特定非営利活動法人カシオペア市民情報ネットワーク

以 上